カロリミットの効果と口コミを徹底紹介!

top1
食べる前に飲むだけでカロリーをカットしてくれる、人気のダイエットサプリ『カロリミット』。そのホントの実力は?

当サイトではカロリミットの効果を口コミなどを中心に紹介しています!


FANCL【ネット限定】『カロリミット お試しセット』特別価格500円!

↓↓新発売!代謝アップのカロリミット!

大人のカロリミット限定ケースセットが送料無料980円!

カロリミットを飲むだけではダイエットにはならない!?

私もよく周りの友人たちから、「カロリミット飲んでが痩せれるの?」と聞かれることがよくあります。確かに気になっている人は多いですよね。

ですが、実際のところカロリミットを飲んでいるだけで体重の減少はありません。カロリミットは、カロリーをカットするためのものなので体重維持を目的としています。

そうなると、ダイエットにはつながりませんよね。

カロリミットは食事のカロリーをカットするようにするもの

たくさんの方が勘違いされるのですが、カロリミットはあくまで「食事のカロリーをカット・抑制する」この働きを目的としています。

カロリミットに含まれている鳩龍緑茶やインゲン豆、ギムネマ、シルベスタ、キトサン、桑の葉、こういった成分が含まれていることにより食べた炭水化物、スイーツ、脂っこいものなどを体が吸収しようとするのを防いでくれるのです。

なので、カロリーの高いものを食べても、お腹いっぱい食べても、好きなスイーツも我慢しなくてもいいのです。

このカロリミットを忘れずに食事前に飲んでおくだけでもう安心です。

以上のことから、カロリミットはあくまで「好きなものを食べても太らないこと・体重維持」になるのです。

ですが、これでは体重減少には意味がないですよね。カロリミットには痩せる効果ではなく体重維持の効果があるのですから。

本当に体重を減らすには、自分の体についている脂肪を減らさないといけません。

カロリミットを飲みながら運動もすればダイエットも夢ではない

カロリミットだけを飲んでも体重減少にはなりませんが、活用しながら運動をすることでダイエット効果は見込めると思います。

カロリミットを飲むことで食事制限はほとんどないと言っても過言ではないので、食事は気にせずして、あとは運動をするだけなので一般的なダイエット方法よりも楽しくダイエットできると思います。

好きなものを食べながら、それでもダイエットも成功させたい!そんな人にも強い味方になってくれると思います。


FANCL【ネット限定】『カロリミット お試しセット』特別価格500円!

↓↓新発売!代謝アップのカロリミット!

大人のカロリミット限定ケースセットが送料無料980円!

カロリーCUT ! 代謝もUP ! 「大人のカロリミット」

大ヒットのひみつは?

株式会社ファンケルヘルスサイエンスの「カロリミット」、森山直太朗さんのCMソングでもおなじみですよね。
この「カロリミット」は炭水化物や揚げ物、脂っこい炒め物、それにあま〜いスイーツなどなど、こんなカロリーがとっても気になるがっつり系のお食事の前に4粒飲むだけ!

2000年に発売されてから、累計販売個数がなんと3000万個を超えました!
長い間多くの方々に親しんでいただいて、大ヒット商品となりました!

「カロリミット」には桑の葉や鳩龍緑茶、インゲン豆、キトサン、ギムネマシルベスタ、の5つの成分が入っていて、お食事した炭水化物、糖質、脂質を吸収するプロセスに多方向から働きかけます。

代謝の低下を→UPに変える

年齢を重ねるごとに基礎代謝や活動代謝そして食事誘発熱産生など体内の代謝が低下します。ですから今までと同じ運動量や食生活では痩せにくくなっているのです。その結果体型も変化してしまうということなのです。

大人の女性は、お食事のカロリーを控えるだけではダイエットをするには不足です。そこで今回新発売の「大人のカロリミット」は、代謝をアップすることに特化しました。『2014年6月20日発売 2800円(税込み)』

ブラックジンジャーで代謝をUP

今回新配合されたのは「ブラックジンジャー」。これはエネルギー代謝全体をあげる抗肥満効果が注目されているものなんです。

サプリメントの粒の内部だけでなく表面のコーティングにもブラックジンジャーを配合して「すぐに効く」ためのコーティング製法を用いました。このおかげで、早く溶けて体内に届き、効率的に働いてくれるのです。これなら若いころと比べて代謝の落ちた大人のあなたのダイエットを強力にサポートしてくれることでしょう。


FANCL【ネット限定】『カロリミット お試しセット』特別価格500円!

↓↓新発売!代謝アップのカロリミット!

大人のカロリミット限定ケースセットが送料無料980円!

サブコンテンツ

このページの先頭へ